スピナーベイト

バスはスピナーベイトを何だと思っているのか?色々な意見があるかとは思いますが、スピナーベイトはベイトフィッシュの群れに見えているんじゃないかと思います。スピナーベイトの最強の力を発揮する時期についての解説です。

ミノー

ジャークジャークベイトというルアーは、演技力が非常に高い巻くだけでもいいし、楽してもいいし、止めても釣れる。 魚との間合いが取れるんで、追うスピードの早い魚も遅い魚も食わせられます。 魚に合わせて演技を変えていけるルアーです。 それはジャークベイトにしかできないことです。

マドネスジャパン ビッグベイト

なぜをバラム300は際を引くのか?なぜバラム300は高速リトリーブ?8トラップのやめどきは?バラム300の使い方についてまとめました。

OSP スピナーベイト

改めて言うならば、ブレードが水中で回転することによっておきる規則的な波動や音が他のルアーとは違うのが特徴です。スピナーベイトというとブレイドのフラッシングに注目されがちだけど、ブレードの開き方によって魚の反応が全く変わります。

ハウツー

テキサスリグのキャストから回収までの基本的な操作方法について解説します。

ハウツー ロッド

過度のプレッシャーに侵された近年の釣り場において、誰もが思い浮かぶアプローチでは、手にすることができる魚が減っているのは事実です。 だからこそ注目すべきはスピニングタックルによるパワーパワーフィネスです。 剛と柔を兼ね揃えたこのメソッドを確立すれば、これまで口を使えなかった答えがいることに気付くはずです。

スイムベイト

スイムベイトと聞くとストロングスタイルを好むランカーハンターのためのルアーのイメージが強いと思います。 デカバスの居場所を探すのにも、スイムベイトの集魚力が重宝されます。

羽根モノ系トップウォーター

エキサイティング釣りが楽しめるトップウォータープラグを使った釣り。 その中でもカップや羽など印象的な見た目を持つことの多いノイジー系。 ノイジーは数あるトップウォーターの中でも、特にでかい魚を引っ張ってこられる、あるいはデカいバスを狙って釣ることのできるタイプのルアーです。

クランクベイト

今回シャロ―クランクは2m前後の水深を釣れるルアーと定義してご紹介します。クランクベイトはボトムに当てると釣れないときと、ボトムに当てて釣れるときがあります。その状況に合わせたルアーを投げるのが正解なので、特別レンジを意識する必要はありません。一定レンジを攻めきれればOKです。

ミノー

ジャークベイトとはその名の通りジャーキングに特化したミノープラグのことです。 左右のダートアクションがキレイに出たり、平打ちさせやすいものです。 ただ、明確な区別はありません。