6月梅雨時期のおすすめのバス釣りルアーはコレ

ハウツー

5月から6月は一年で最も釣果を出しやすいシーズンです。

春先から続いていた産卵も一段落し、すでにエサを活発におっている状態です。

数釣り、型狙いともに成立しやすいのが特徴です。

初夏は、パスをはじめとする淡水魚が過ごしやすい環境が整っています。

水温18~28度の範囲であればかなり期待が持てるでしょう。

それ以下だと釣果にムラが出るし、それ以上でも酸欠状態になるのかやはり反応がまちまちになります。

これから夏に向けて、釣り場の水温が上がりそして6月上旬から中旬にかけては梅雨入りもします。

雨が降ることで釣り場に新鮮な水が供給されるため、この時期は終始好反応が続きます。

よほどの大雨でない限り、基本的にはこんな雨でもOKです。

流れが滞ると、魚の活性は鈍りがちになります。

雨が降って新鮮な水が流れこむことで、水中は過ごしやすい状態になります。

初夏は魚が元気なので、ルアーを投げるとその存在に気付いて振り向いてくれます。

とにかくチャンスが多いです。

すでにバス釣りの経験があるならどんなルアーが有効化を考えるより、何で釣りたいかを考えた方が良いのではないとないでしょうか。

憧れのルアーで釣れちゃったりします。

例えばトップウォータープラグが好きなら、本格的な夏を迎える前の6月頃に試したいものです。

もちろんビッグベイトもおすすめです。

バス釣りを初めてばかりの人がとりあえず一匹を釣りたいのなら、ノーシンカーを中心とするライトリグを投げるのが手っ取り早いでしょう。

魚に触れるだけなら さほど難しくないので、釣果は大いに期待できます。

アフタースポーンは荒食いモード浅場の障害物や反転流を責めたい

この時期のバスは、基本的には産卵を終えてエサをバンバン食べています。

目の前にふにゃふにゃしたものが来ると思わず口を使っちゃいます。

立ち木などのストラクチャー、岸際にできるシェード、流れ込みの反転流の周囲に浮いているイメージです。


釣り場全体が過ごしやすいので、バスはシャローからディープまで色んな所にいます。

ただあくまで陸っぱりなら水深2メートルまでを攻めればOKです。

釣り場によっては癖がるものの、冬場に比べると浅いところにさしているのは間違いありません。

ちなみに産卵に絡まない小型は引き続きめちゃくちゃ元気です。


梅雨時は強い釣りが効く流れの最上流を攻めまくれ


6月の頭は5月の釣りの延長です。

大きな変化が訪れるのは上旬から中旬の梅雨入り以降、まさにベストシーズンと言える時期を迎えます。

バスは流れを好みます。

バックウォーターでもインレットでも最上流を攻めたいものです。

釣り場の水が適度に濁るとチャッターベートやビッグベイトの強い釣りが有利になります。


そろそろ日差しが強くなる時期なので、晴れの日はシェードを意識するパスが増えます。


エサは小魚中心ですが、時に虫を食べることもあります。


魚の反応がない時は 物陰の奥を探ってみましょう。

6月におすすめのルアー

沈み蟲2.2インチ(issei)

何かしらの障害物や流れに沿ったところを攻めるのが基本です。

リグを投げたらノーテンションで沈め、ボトムで5秒ほどステイさせるだけです。

早めに回収してどんどん新しい場所を攻めるほうが、効率が良いです。

沈み蟲は飛距離がでますし、フォールスピードも速いので操作がしやすいです。

バギークロー(レイドジャパン)

状況によっては遠投が必要な時は、高比重ワームのノーシンカーリグがおすすめです。

フォールだけでなくボトムのズル引きにもしやすいです。

ポップX(メガバス)

ポップ音と水しぶきでルアーの存在に気づかせ、バスを浮かせて食わせます。

操作法は、2回誘って3秒ポーズ。

優しく動かすのが基本。

AKチャター+カタクチワームヤバクネ4.5インチ(issei)

波打ち際や雨で日ゴリが入ったりしたときに使用します。

水深30cmまでの水深を上下ブレないように水平移動させます。

ヒラクランクギルSビル140(ノリーズ)

6月は豪快なビッグベイトトップウォーターで狙うのがおすすめ。

ヒラクランクなら水面を割っても出てこないような魚にもバイトさせられるため、凡用性にも優れています。 潜らせて浮かせる釣り方、水面直下のネチネチなどいろいろと試してみてください。