ハウツーに関する記事一覧


ハウツー

ハウツー

1年でもっとも釣れる時期到来スポーニングを中心とした1年でもっともつりやすい季節、それが5月です。スポーニング、つまりバスの産卵行動が行われているのがこの季節です。特に4月末から5月頭がその全盛期となります。だからといって釣りが難しくなるわけではありません。

ハウツー ラバージグ

スイムジグは、巻物の中で最弱のアピールが特徴です。いうなれば巻きのフィネスです。そんなスイムジグの使い方について説明していきます。

ハウツー ストレートワーム

このフックの登場でカバーネコリグ(スナッグレスネコリグ)という言葉が生まれました。 それは、「NSSフック」です。 テキサスリグやジグで食わない魚をネコリグで釣る。 今回は、カバーネコリグ(スナッグレスネコリグ)ついて詳しく解説していきます。

ハウツー OSP

春はバスのスポーニングシーズンです。 早ければ3月末、4月中旬には産卵が始まります。 スポーニング前はエサを意識し釣りがカギになり、スポーニングに入りだすとバスが多く集まるポイントを選んで釣る必要があります。

ハウツー

厳しい冬が終わり、ようやく春がやってきた。バスが活性的になる時期だけに、この季節を待ちわびてる人も多いはずです。春は、バスの反応にムラがある季節です。春バスの攻略するシーズナルパターンをご紹介します。

ハウツー

テキサスリグのキャストから回収までの基本的な操作方法について解説します。

ハウツー ロッド

過度のプレッシャーに侵された近年の釣り場において、誰もが思い浮かぶアプローチでは、手にすることができる魚が減っているのは事実です。 だからこそ注目すべきはスピニングタックルによるパワーパワーフィネスです。 剛と柔を兼ね揃えたこのメソッドを確立すれば、これまで口を使えなかった答えがいることに気付くはずです。

ハウツー

急激に水温が下がってバスの動きはスローになります。 釣り方もリアクションやシャッドにしてもよりスローに巻くなど、冬っぽい展開になります。

ハウツー

根掛かりが少なく、ボトムでも誘うことができ、中層スイミングも可能。 さらに、カバーでも使用できる万能ルアーがネコリグです。 そんなネコリグの使い方、ワームの選び方、特殊なネコリグ、セッティング方法、タックルなどをご紹介します。