ブランドに関する記事一覧


虫系ワーム ティムコ

ビッグベイト DRT

ハウツー OSP

春はバスのスポーニングシーズンです。 早ければ3月末、4月中旬には産卵が始まります。 スポーニング前はエサを意識し釣りがカギになり、スポーニングに入りだすとバスが多く集まるポイントを選んで釣る必要があります。

虫系ワーム レイドジャパン

釣れ続くルアーの条件の一つは、ありとあらゆる環境で使いやすいこと。ワームであればありとあらゆるリグに対応できるルアーです。名前は、2WEY(ツーウエイ)ですが使い方は9通り以上あるかもしれません。その使い方と全国のショップの入荷情報を活用して、2WEY(ツーウエイ)を入れている方法をご紹介。

ストレートワーム レイドジャパン

春はもちろんオールシーズン対応ライトリグのNEWメソッドそれが瞬テキです。

マドネスジャパン ビッグベイト

なぜをバラム300は際を引くのか?なぜバラム300は高速リトリーブ?8トラップのやめどきは?バラム300の使い方についてまとめました。

OSP スピナーベイト

改めて言うならば、ブレードが水中で回転することによっておきる規則的な波動や音が他のルアーとは違うのが特徴です。スピナーベイトというとブレイドのフラッシングに注目されがちだけど、ブレードの開き方によって魚の反応が全く変わります。

シャッドテール ゲーリーヤマモト

ゲーリーインターナショナルのレッグワームと言えば、同社のカットテールやヤマセンコーと並び、誰もが知る爆発ソフトベイトです。 レッグワームはなぜ釣れるのか?私なりの見解をご紹介します。

バイブレーション 一誠

メタルバイブですがいつ使うのが効果的かというと、「結局は年中釣れるのですが、冬のルアーというイメージはリアクション効果が高く、本当に冷え込むとメタルバイブでしか釣れなくなるからでしょう。 そんなメタルバイブの中でおすすめなのが一誠のG.C.ザリメタル。 その特徴について詳しく解説していきます。

OSP クランクベイト

クランクベイトは根がかりしやすいのでスピナーベイトのほうが好きという方も多いとは思いますが、スピナーベイトを使っていて、コツとバイトがあるけどのらない。 そうした状態で試しにクランクベイトを投げてみてください。 トレブルフックでからめとるように釣ることができます。