二重まぶたのトラブルについて

二重まぶた手術トラブルとして、埋没法の糸を入れた部分にしこりができたとか、まぶたの裏側が炎症を起こしたなどありますが、これらは埋没法ではどうしてもときには起きる可能性のあるものです。


二重まぶたの手術の中でまぶたの中に細い糸が残る埋没法だけでです。切開法ビーズ法はまぶたの中には何も残りません。この糸を入れるときに皮膚の一部や、まぶたの裏側の粘膜を一緒に縛ってしまうようなことがあると、しこりができてしまいます。また太いラインを使うと糸そのものの結び目がしこりなってしまいます。